2019年8月7日水曜日

【まぁやぁのこんな映画みました/vol. 85】旬魚島酒まぁやぁ大船

『グリーンブック 』 まぁやぁ映画レヴュー

『グリーンブック 』 〈2018年 米〉


1962年アメリカ、
天才黒人ピアニストは、
粗野なイタリア系用心棒を雇い、
あえて差別の強い南部へのツアーに出る、、、。
実話を基にした、凸凹コンビのベタな
バディ・ムービーかと思いきや、
そこは大傑作?コメディー『メリーに首ったけ』(’98)の監督ピーター・ファレリー、
時折クセ球を放り込みつつ、
涙あり、笑いあり、シリアスありの、
小粋な感動作に仕上げています。
そして、今回もヴィゴ・モーテンセン兄キ、
20キロ増量どハマり役で、三たびアカデミー賞
ノミネート。
兄キ、次作も期待マックスで待ってます!。   〈109シネマズ湘南にて〉


2019年7月30日火曜日

【8月の店休日のお知らせ】旬魚島酒まぁやぁ大船


いつもごひいきありがとうございます。
8月の店休日をお知らせします。                  

                           


              5日(


                 12日(振休


               15~16日(木~金


                                 21日(水)


                                 25日(



地魚・沖縄料理、カップ地酒、泡盛、自家製果実酒、日本ワイン等々、各種取り揃えております。

お問い合わせはこちらまでお願いします。

2019年7月17日水曜日

【夏限定カップ地酒、入荷です。】旬魚島酒まぁやぁ大船


「夏でも日本酒」がキーワードの恒例「夏カップ地酒」。
今年は圧巻の12銘柄!。

まずは東日本から、

夏カップ酒 愛宕の松 羽陽一献 天明 来福 福祝 白隠正宗
〈左より 愛宕の松 700yen,   羽陽一献, 天明, 来福, 福祝, 白隠正宗 各650yen〉
愛宕の松(宮城)、羽陽一献(山形)、天明(福島)、来福(茨城)、
 福祝(千葉)、白隠正宗 (静岡)


西日本は、


夏カップ酒 るみ子 篠峯 芳水 石鎚 開春 貴
〈左より るみ子,   篠峯,  芳水 各750yen, 石鎚,  開春 各700yen,  貴650yen〉

るみ子(三重)、篠峯(奈良)、芳水(徳島)、石鎚(愛媛)、
 開春(島根)、 貴(山口)

各酒蔵の個性を楽しみつつ、
ぜひ、コンプリートに向けてトライしてみて下さい!。



地魚・沖縄料理、カップ地酒、泡盛、自家製果実酒、日本ワイン等々、各種取り揃えております。

お問い合わせはこちらまでお願いします。



2019年7月5日金曜日

【ゴーヤーポークカツレツ、いかがですか。】旬魚島酒まぁやぁ大船

ゴーヤーポークカツレツ
〈ゴーヤーポークカツレツ 550yen〉

●新メニュー「ゴーヤーポークカツレツ」


薄めの豚ロースにゴーヤーのスライスをつけて、
微細パン粉を衣に、カリッと揚げました。
ゴーヤーのほのかな苦味がアクセント、
お酒がすすむこと、請け合いです。
ぜひ、お試しください。




地魚・沖縄料理、カップ地酒、泡盛、自家製果実酒、日本ワイン等々、各種取り揃えております。

お問い合わせはこちらまでお願いします。

2019年6月6日木曜日

【地魚仕入れ、今日この頃。】旬魚島酒まぁやぁ大船


相模湾産アオリイカ
〈相模湾産アオリイカ〉

100%地魚。

クーラーボックス片手に漁港、市場を巡って仕入れています。


久しぶりに
アオリイカ」を仕入れました。
ねっとりとした食感とほのかな甘みが、
お酒のアテにぴったりです。
やっぱりお刺身が最高ですね。



地魚・沖縄料理、カップ地酒、泡盛、自家製果実酒、日本ワイン等々、各種取り揃えております。

お問い合わせはこちらまでお願いします。


2019年5月25日土曜日

【軟骨ソーキの唐揚げ、いかがですか。】旬魚島酒まぁやぁ大船

軟骨ソーキの唐揚げ
〈軟骨ソーキの唐揚げ 600yen〉

軟骨ソーキ(豚スペアリブ)をトロトロになるまで煮込んで唐揚げにした、
沖縄おつまみの隠れ?定番な一品。
肉部分と軟骨部分の対照的な食感の違いにお酒がすすみます。
ぜひお試しを。


地魚・沖縄料理、カップ地酒、泡盛、自家製果実酒、日本ワイン等々、各種取り揃えております。

お問い合わせはこちらまでお願いします。



2019年5月15日水曜日

【腰越で揚ったちょっと珍しい地魚ーその24〈タカノハダイ〉】旬魚島酒まぁやぁ大船

鎌倉腰越産タカノハダイ
〈鎌倉腰越産タカノハダイ〉

〈タカノハダイ〉


派手めな魚はちょっと食べるのにひるんでしまいますが、
なかなかどうして磯魚らしく歯応えがあり、味わいもしっかり、
意外(?)な美味しさ、ダークホース的存在でしょうか。
刺身、塩焼きで。


地魚・沖縄料理、カップ地酒、泡盛、自家製果実酒、日本ワイン等々、各種取り揃えております。

お問い合わせはこちらまでお願いします。